株式会社 久宝金属製作所

久宝金属製作所について

お取引していただけませんか?

レールシェルフシリーズ

装飾棚受

  • トップページへ
  • news
  • サイトマップ
  • 個人のお客様はこちらへ

お客様の声(使用例)

お電話でのお問い合わせは、06-6978-4710
お問合せフォームへ

花と緑と憩いの場<FLOWER CAFE baobab>

ーbaobabは 四人姉妹でしていらっしゃるんですね!

ええ、実は5人姉妹なんですが、二人目はお寿司屋さんに嫁い
で女将として頑張っているので、4人でやっているんです。

始めは 関目で二人でお花屋さんをやっていたんですが、
その頃から「南」のお客様も多く、ここにお店を開くと同時に残りの二人にも来てもらって、4人でやっているんです。

ー先日まで お花屋さんの横はカフェをしていらっしゃいましたよね。

はい、カフェも良かったんですが、もっとお花とグリーンに
重点を置いたスペースとして ここを活用したくなったのです。
それで、フリースペースとして使うことにしました。

花と緑と憩いの場<FLOWER CAFE baobab>
花と緑と憩いの場<FLOWER CAFE baobab>

ー今はどんなことに使っているんですか?

フラワーアレンジメントやガーデニング・プリザーブドフラワーのレッスンをしています。グリーンとフラワー全般だと思ってください。
それ以外には 今はスペイン語のレッスン。そして 占いもしています。
フリースペースにしているので、もっともっと 色々なカルチャー的なレッスンをしていきたいと計画しています。

ここは 裏通りですし、玄関が狭くて階段もあるので、
ちょっと入りにくいと思うんです。
でも、入って頂いたら ゆっくりして頂きたいです。
お花のことで困られたらどんなことでも相談してください。
ゆっくりご希望を聞きますので、時間をタップリとって来てくださいね。

花と緑と憩いの場<FLOWER CAFE baobab>

ーお花屋さんとしてもこちらの特徴は どんなところですか?

ここは2つの性格があります。一つは ショップや企業さんとのお仕事です。
開店なさるときのお祝いのお花や、お店を飾るお花、ディスプレイなどの提案もしています。
その時は先様のお店をリサーチして インテリアや雰囲気に合うお花をアレンジします。
また、マンションのモデルルームのでディスプレイもお手伝いしています。

花と緑と憩いの場<FLOWER CAFE baobab>

もう一つはもちろん 個人の皆さんのご希望に添ったお花をお作りすることです。
お花屋さんって意外に肉体労働が多いんです。
私達は女性スタッッフばかりですが、観葉植物のこの大きな鉢も女性だけで運んでいますし、ガーデニングも私達で頑張ってやっています。
ここはご近所の皆さんの憩いの場でありたいと思っています。
女性スタフッフばかりですので、お子様連れの皆さんも
安心してゆっくりお越し下さい。



<baobab>
http://www.flower-baobab.com/


〒550-0014
住所:大阪市西区北堀江1-1-4
長堀新興産ビル1F
(地下鉄四つ橋駅3番出口より
徒歩1分)

電話&FAX : 06-6535-872
営業時間 : 11:00-20:00
定休日:日曜日

花と緑と憩いの場<FLOWER CAFE baobab>

Q-hoのアルミレールシェルフは特注でご注文頂きました。
玄関を入ったら目の前に見えています。
ライトアップされて レールシェルフが美しく輝いていました。

あなたの辛さ 引き受けます <インプランニング>

ーこの世界に入ろうと思ったきっかけは?

未だになるんですが、私はアトピーなんですね。
季節の変わり目やストレスが大きくなると出るんです。

体質には色々あるんですが、私は泥沼体質のようです。
火照るし、冷えはないのですが 血がドロドロになる。
それがお肌のトラブルになって現れるんです。

皮膚科に行くと何もするなと言われて強いお薬をもらってそれでも綺麗になるのは 一時的なものなんです。
でも、エステに通ったら 確実に綺麗になりました

あなたの辛さ 引き受けます <インプランニング>
あなたの辛さ 引き受けます <インプランニング>

ーそれでエステの勉強を?

ええ、始めはOLをしながら二年間無給でそのエステサロンで 修行させてもらっていました。
けれど、有る時尊敬する有る方から言われました。

「視野が狭くなっている」と。

それで、一念発起して東京に出てエステの学校に通いました。
卒業後、大小のサロンで働き、エステの学校で
教えたりして 独立をしたのです。

ーここではどんな事を大切にしていますか?

自分の家族や大切な人にしてあげたいのと 同じ気持ちで
お客様にもして差し上げたいと思っています。

古くて古いままのものは飽きられるでしょうが
古くても新しいものは新鮮です。

常に勉強を怠らず、お客様に喜んで頂こうと思っています。
もちろん技術には重点を置いていますし、自信が有ります。

「明日ここに来れると思ったら、昨日色々辛い事が有ったけれど頑張れたわ」そんなお客様の言葉を聞くのが幸せです。

あなたの辛さ 引き受けます <インプランニング>
あなたの辛さ 引き受けます <インプランニング>

ー今後の夢は?

このサロンの特徴は スタッフの一人一人が夢を持ち、
頑張っている事だと思います。私もそうです。
これからもそんな人を育てて行きたいと思っています。

一人でする事は簡単で楽です。 でも、人と一緒にしたり、
伝えたりする事で、自分が更に育つと思うのです。

なので、スクールをを開校する準備をしているんですよ。

写真の通り、ガラスレールシェルフを3本使ってくださっています。

下に鏡の台が有るので そこからの光と陰が行き交いして とても綺麗な空間になりました。

<インプランニング>
http://www.inplanning.com/


〒542-0081 大阪市中央区南船場4-11-9コムズビル4F (心斎橋駅3番出口より徒歩2分)
電話:06-6245-8687
Mail : info@inplanning.com
営業時間 : 火〜土 10:00〜19:30(最終受付) / 日曜日 10:00〜17:00(最終受付)
定休日 : 月曜・祝日

ジャズ黄金時代のジャズをかけています <ジャズ・オン・トップ アクトV店>

ジャズを聴いてみたいけれど、敷居が高くて…」
と思っていらっしゃるあなた。
「ライブって言うんじゃなくて、レコードやCDの
名盤なんかを聴いて静かな時間を過ごしたいなあ」
と思っていらっしゃるあなた。

そんなあなたにぴったりのお店です。

ージャズ・オン・トップ梅田店のような
素晴らしいお店をしていらっしゃるのに
なぜまた新しくアクトV店を始められたんですか?

ジャズ黄金時代のジャズをかけています <ジャズ・オン・トップ アクトV店>
ジャズ黄金時代のジャズをかけています <ジャズ・オン・トップ アクトV店>

ジャズ愛好家のニーズに応えたかったんです。
ジャズといっても、ライブ好きな方、レコードやCDの名盤をじっくり聞きたいという方など色々いらっしゃるんです。
梅田店はライブ中心です。
ここはジャズの名盤を聞ける喫茶店です。

CD・レコード、色々名盤があるのに、ファンの高齢化というか、若い人は余り聞きませんよね。
ジャズというと、敷居が高いと思っている人もたくさん居ます。
そんな若い人が、ごく普通の喫茶店でゆっくりするように気軽に来て、自然にジャズに慣れていってくれたら、いいなと思います。

ジャズ喫茶華やかなりし頃、昔懐かしい昭和時代に
若い時代をジャズ喫茶で過ごして、本当に楽しかったなあ。
それを復活させて、大阪のジャズの活性化を
図るという大きな目標もあるんです。

もともとジャズって、
日常の中で慣れ親しむ音楽です。
本当は誰にでも優しい音楽ですよ。

ジャズ黄金時代のジャズをかけています <ジャズ・オン・トップ アクトV店>

ーバーには様々なお酒がたくさん。

ジャズ黄金時代のジャズをかけています <ジャズ・オン・トップ アクトV店>

ここで使われているのが我が社のレールシェルフアルミ。
レコードジャケットをかっこよく良く支えています。

ご入用の方は マスターにおっしゃっていただいたら こちらにお届けしておきますよ。

<ジャズ・オン・トップ アクトV店>
http://www.jazzontop.com/shop/act3.htm


住所 : 〒530-0027 大阪市北区堂山町15-17 ACTV 1F
TEL : 06-6311-0147
営業時間 : 18:00〜23:00
ライブ : 19:30〜22:30
         (※ライブのない夜はバー営業になります)
定休日 : 不定休
客席数 : 36席 (カウンター6席・テーブル30席)
貸切パーティも承っています。

ジャズ黄金時代のジャズをかけています <ジャズ・オン・トップ アクトV店>

名物社長が「惚れたソーセージ」で「どこにもないホットドッグ」を作りました。 <ホットドッグ・カフェ ブラッツ岡本店>

ージョンソンビルソーセージに惚れたいきさつを話してください。

ある展示会で出会って一口食べただけで惚れました。
一目惚れですね。スパイシーでジューシーで
新鮮な素材で作られていることが一口でわかりました。
すぐに日本の総代理店になりスーパーで売り出しました。

ーそのソーセージと、
今までのものとの違いを話してください。

名物社長が「惚れたソーセージ」で「どこにもないホットドッグ」を作りました。 <ホットドッグ・カフェ ブラッツ岡本店>

豚自体が違うし、豚肉自体が違うんです。
普通はロースハムなどをとった後の肉で作りますが、ジョンソンビルではこのソーセージを作るために、
一頭丸ごと、つまりロースもヒレも使っています。
だから美味いんですわ。
家ではクックドブラッツを水炊きやちゃんこにも入れてます。

名物社長が「惚れたソーセージ」で「どこにもないホットドッグ」を作りました。 <ホットドッグ・カフェ ブラッツ岡本店>

ーホットドッグ店をし始めたのは?

スーパーで買ってくださったお客から、
余りにも日本のソーセージとは違っているんで、
どうやって食べるんですか、
という問い合わせがいくつかありました。
それで直接消費者に、
「こうやって食べたらおいしいですよ」
と知らせることが出来るように、
ブラッツを開店しました。

ーホットドッグにするのに、ご苦労があったとか?

パンが一番の問題でした。パン屋に「パンだけ食べてもおいしくないパンを作れ」というたんです。
おいしいパンはソーセージと互いに主張しあってホットドッグに向かないんです。
甘みがなく外はパリパリで中はやわらかくてソーセージが入って初めておいしくなるパン。
ソーセージの肉汁をしっかり受け止めるパンが必要だったんです。何度も試行錯誤して、
やっと出来た最高の相性のパンです。

名物社長が「惚れたソーセージ」で「どこにもないホットドッグ」を作りました。 <ホットドッグ・カフェ ブラッツ岡本店>
名物社長が「惚れたソーセージ」で「どこにもないホットドッグ」を作りました。 <ホットドッグ・カフェ ブラッツ岡本店>

ーホットドッグの食べ方にも社長のこだわりがあるとか?

ではホットドッグの食べ方の作法を
1.ケチャップ禁止、マスタードはたっぷり
2.ホットドッグが来たらソーセージをパンに押し込む
3.パンの形を整える
4.バクッとかぶりつく
5.手についた汁はなめること!

(ご心配なく、お店にはケチャップが置いてありますよ!
無料ですから、たっぷりかけても大丈夫)

わが「アルミレールシェルフ」には、社長使用禁止のケチャップが、マスタードや可愛いお人形に隠れて恥ずかしそうに並んでいますね。
いえいえ たっぷりかけてくださいね!

<ホットドッグ・カフェ ブラッツ岡本店>
http://www.brats.jp/top/index.html


〒658-007 神戸市東灘区岡本1-12-17-1F
電話 : 078-412-8909
営業時間 : 11:00〜22:00 (ラストオーダー21:30)

名物社長が「惚れたソーセージ」で「どこにもないホットドッグ」を作りました。 <ホットドッグ・カフェ ブラッツ岡本店>

カリスマ店員から カリスマ店主へ <ジャズの専門店 ミムラ>

ージャズの専門店と言うのは、とても珍しいですね。

もともと、ジャズが好きで
「ワルツ堂」に20年ほど勤めていました。
そのころから、ジャズの販売に関わってきています。
ところが、残念ながらそこが倒産してしまいました。
再就職に困っているときに、ワルツ堂時代の
常連さん達から独立を進められました。
特に落語家の南光さんには、
「このビルのここが空いてる」
と背中を押してもらいました。
それで店のロゴを書いてもらったんですよ。

カリスマ店員から カリスマ店主へ <ジャズの専門店 ミムラ>

ー南光さんのお人柄とミムラさんへの愛情がわかるような 暖かいロゴですよね。
ミムラさんは、ジャズのことは何でも良くご存知ですが、
お客様からは、どんなリクエストや質問などが来ているのですか?

カリスマ店員から カリスマ店主へ <ジャズの専門店 ミムラ>

店員だったころからもそうですが、
お客様のご要望にはできる限り応えたいんです。
例えば「こんなレア物のCDを探して欲しい」とか
「取り寄せて欲しい」と言う以外にも、
「この歌をこんな感じで歌っている歌手のアルバムが欲しい」
とかどんどん希望をおっしゃってもらったら、できる限り探します。

勿論、ジャズ以外にも子供さんのお誕生日に
ロックやクラシックのCDが欲しいとか、
○○と言う演歌歌手CDが欲しいとか・・・
なんでもおっしゃってくださいね。

ーあまり広い店内といえないと思いますが、
いつも人が途切れませんね。

5坪ほどしかないのに、新譜が色々出るし、予約やご注文品の届いたものや、買取させてもらったものが、どんどんたまっていってまして。

お客さんは、昔からの常連さん以外にも、マスコミで知っていただいたり、
大阪に出張のたびに楽しみにしてきてくださる方とか
ジャズスポットでうちの案内を見てきてくださる方とか
徐々に色々な方に知ってもらっています。

ー最近はエッセイもお書きになってるんですね。

「イグザミナ」と言う雑誌に2007年6月号から書いています。
私の日ごろの経験から書いているのですが、

カリスマ店員から カリスマ店主へ <ジャズの専門店 ミムラ>

文章を書くのは難しいです。でも、新しいことをするとまた、今までにない出会いが有ると思っています。

ミムラが、お客様方に安らげる場所となるよう頑張りますのでよろしくお願いいたします。

ここにも、レールシェルフを使っていただいています。
CDのジャケットやDVDを立てて飾るのに丁度良いのです。
音楽好きな方。欲しいもの・質問・お取り寄せ…
なんでも相談してみてくださいね。

<ジャズの専門店 ミムラ>
http://www11.ocn.ne.jp/~mimura


〒530-0027
大阪市北区堂山町13番4号ジュオン堂山ビル1F101号
電話 : 06-6312-3678
営業時間 : 11:00〜20:00 日曜定休日

カリスマ店員から カリスマ店主へ <ジャズの専門店 ミムラ>

カリスマ店員から カリスマ店主へ <ジャズの専門店 ミムラ>

「エステ」と言うとどんなイメージをお持ちですか?
ここサロン・ド・ノーブルは 体の奥から私達を整えて本来の機能を
取り戻して、美しさを引き出してくれるのです。
最後に、私の体験レポートも書いています。
お読みくださいね。

代表の佐藤忍さんに聞きました。

ーエステに興味を持ったきっかけは?

もともとからだが弱かったので、
体を整えることは 色々学んでいました。
若い頃から身の回りの人たちの相談にも乗っていたんですよ。
24歳で出産し 気がついたら「しわ」が出来ていて・・・。
それに、実は私は胃がんも膠原病もしているんです。
ドクターには何もしてくれませんでした。

あなたの体は目覚めます <サロン・ド・ノーブル>
あなたの体は目覚めます <サロン・ド・ノーブル>

ーああ、そういう体験がおありだからですね。
ここではほとんど機械も使われないし
無農薬でハーブを育ててそれを使っていたり、
自然のものの持っている力を大切に使われていますね。

同じようにハーブと言っても無農薬のものや
天然のものには 力がありますから
できる限りそれらを使うようにしています。

本当に美しくなろうと思うと 体の中から直さないと「体質に負ける」んです。
私達は、体の「外と中と精神」の三つの面のサポートが必要だと思っています。
特に働く女性には。
女性は、自分以外の方に目が行くのに自分に目が行かない方が多いですよね。
でも、周りの方を幸せにしようと思ったら自分の笑顔を守っていかないと。
女性の方々の「心からの笑顔」を、守るために
私達は仕事をしていると思っています。

ここからひそひそ声でおっしゃいましたよ

よく笑われるんですが、実は私は「世界平和」のために仕事をしているんですよ。

ーえええ!!!あら、私もなんです。
世界に平和をもたらすために生まれてきた
と思っていますもの。(久宝・川添)

と二人は意気投合したのです。

あなたの体は目覚めます <サロン・ド・ノーブル>
あなたの体は目覚めます <サロン・ド・ノーブル>

ーところで、レールシェルフは如何ですか?

良いですねえ。実用的なのに、美しくて
とても気に入っています。
次は ヒノキのほうを使いたいと思っています。

綺麗に使っていただいていますでしょう?
間接照明の光が ガラス棚に綺麗に映えています

体験レポート:

「リンパドレナージュ」と言うのを受けました。
背中・肩・首がいつも凝っていて痛いし、たるみも気になったからです。
やはり 言われてしまいました。「リンパがかなり詰まっています」
背中から肩・首の辺りがいつも痛いので まずその辺りの凝りをほぐしてくれました。
ゴリゴリゴリゴリ・・・・と音がするくらい凝っていました。
初めは少し痛かったのですが、徐々に痛みが無くなり ほぐれてきたのが分かります。
ゆっくりゆっくり全身をマッサージしてもらい 大切に大切にしてもらったような気がして
体も心もほぐれてきます。
その後 薬草をしみこませた大きなテープのようなもので「ぐるぐる巻き」に!
ミイラみたいな状態!

そして、全身を包み込んで温める。
蒸し焼き状態ですね。

しばらくすると ダラダラダラダラと全身から汗が!
ありえないくらい汗が出て 出て 出て 出て 出て・・・・。

顔が真っ赤になっているだろうと思ったら
「お顔が白くなりました」といわれる。
鏡を見る。
う〜〜〜ん、驚いたことに 顔は触っていないのに スッキリ明るくなっている。

あなたの体は目覚めます <サロン・ド・ノーブル>

次の朝起きてみると 心なしか お顔がリフトアップしているような・・・・・。
体が楽になり 心が充実し 顔も晴れやかになりました。


<サロン・ド・ノーブル>
http://www.salondenoble.com/


〒573-1105
大阪府枚方市南楠葉1-1-27 ノーブルエクシアビル
電話 : 072-809-2131
営業時間 : 11:00〜20:00
               日曜・祝日 11:00〜18:00
               火曜定休日

あなたの体は目覚めます <サロン・ド・ノーブル>
ページの先頭へ